振動を防いでピアノを防音する

様々な防音対策を施しても、それだけでは充分でない場合が有ります。特にピアノなどのように床面に接地した楽器や音響機器の場合、機器の振動が床面に伝わって共振することで発生した音が室外に漏れることが考えられます。このような固体の振動によって生じる音を防ぐのが「防振」「制振」です。「防振」は楽器などの音が床面や壁に伝わるのを防ぐことです。材質としてはフェルトやゴムマットのような柔らかく振動を吸収する素材が使われます。しかしこれだけで床面や壁などの振動を完全に防ぐことは不可能で、フェルトやゴムを伝わった振動は弱まりはしても床や壁に伝えられてしまいます。そこで必要になるのが「制振」です。「制振」とは床や壁に伝わった振動を速やかに減衰させる効果のことです。

制振の技術的方法には鉄や鉛などの物質密度の高い素材によって振動を減殺する方法と、振動のエネルギーを熱エネルギーに変換して減衰させるものの二通りが知られています。一般的にはピアノに防音を目的とした機器を取り付けることで行います。なかなかピアノに取り付けるということで不安感高いと感じますが、ナイトーンなどは実績も高くオススメです。